香典はいくら包むのが正解?故人との関係で金額に違いがある

葬儀に参列する際や弔問時には、香典を包むのが常識ですが、いくら包むのが妥当なのでしょうか。夫婦で葬儀に参加する時や、会社名で香典を出す場合など、シチュエーションごとの『香典のマナー』についても解説します。

香典について

葬儀では、なぜ遺族に香典を渡さなければいけないのでしょうか?香典の金額相場を知る前に、香典の意味を理解してお包みすることが重要です。

香典に込められた意味を知れば、「いくら渡せばいい?」という問いに対する答えが分かってくるでしょう。

香典を渡す意味

香典というと、遺族側が葬儀費用に充てるというイメージが強いかもしれません。一般葬には一般相場200万円前後の莫大な費用がかかるため、実際に香典は葬儀の費用や『香典返し』に充てられることになります。

香典は元は故人へお供えする線香や抹香だったものが、時代を経て金銭に変わったといわれています。文字通り『香にかわって、死者の霊前にそなえる金銭』なのです。

そう考えると、四十九日までは不祝儀袋に『御霊前』と記し、あの世へ旅立ち仏様になってからは『御仏前』と記すのも納得できるでしょう。

香典には、葬儀という突然の出費に見舞われた遺族に協力する『相互扶助』と、『故人へのお供え』という2つの意味があることを覚えておきましょう。

香典袋にお金を包むときのマナー

『香典』の包み方のマナーは宗教によって異なります。例えば、不祝儀袋の表書き一つとっても、神道では『御神前』、キリスト教では『御花料』というように違いがあります。必ず相手の宗派を確認するようにして下さい。

ここでは一般的な仏教の香典について説明を進めていきます。不祝儀袋は、白無地か、黒白か双銀の水引(結び切りorあわび結び)がついたものを選びます。蓮の花が印刷されている袋は仏教専用で、仏教以外の宗教には使用できないので注意しましょう。

表面の上段に『御霊前』、下段に氏名を書きます。サインペンなどは使わずに、『薄墨』の筆ペンを使用するようにして下さい。これは『悲しみの涙が落ちて墨が薄まった』や『急な知らせで墨を擦る余裕がなかった』という意味からきています。

香典の相場は幾ら?

香典の相場は、故人の関係の深さや自分の年齢などによって変わってきます。香典が少なかったからといって、遺族から咎められることはありませんが、相場から大きく差がない適切な金額をお包みしましょう。

故人が親族の場合

亡くなった人が自分の親族だった場合、一般参列者よりも香典は多めに包むのがマナーとされています。親戚(身内)の場合は、2万円~10万円が相場といえるでしょう。金額にかなり開きがありますが、これは故人との関係性や年齢に関係するためです。

自分の両親が亡くなった場合は5万円~10万円、兄弟姉妹の場合は3万円~5万円ほどが目安となります。

同じ親族でも、20代の姪っ子と、50代の叔父さんでは、お包みする金額は異なります。年齢が上がるにつれて香典金額も上がると考えて下さい。

故人や会社の上司やその家族の場合

仕事の関係者(上司)やその家族が亡くなった場合は、5,000円~1万円が相場です。また会社関係者の場合は、同僚同士で『連名』にするケースもあります。

自分の直属の上司やよくお世話になった人には、少し多めに包むようにしましょう。

故人が友達や知人なら最低いくらから

故人が友人や知人なら最低でも5,000円以上が理想です。もし、付き合いが深い友人や長年の親友であれば、5,000円は少ないと考える人もいるようです。

関係の深さや自分の年齢を考慮し、5,000円~1万円の間で包みましょう。知人・友人の家族、近所の人などであれば、3,000円~1万円が相場です。

こんな時どうする?ケース別の香典金額

夫婦で葬儀に参加する場合や、同僚同士で『連名』にする場合など、ケース別の香典金額と渡し方について説明します。

夫婦で葬儀に参列したら二人分包むの?

夫婦で葬儀に参列した場合は、2人分包む必要はありません。基本は参列する人数にかかわらず、1世帯につき1つと考えて下さい。

香典袋の書き方については、結婚している夫婦であれば、夫の名前のみを書いてもよいですが、故人と縁が深かった場合は、妻の名前をその横に並べて書くとよいでしょう。

孫は祖父や祖母が亡くなった時はいくら包む?

身内が亡くなった場合は、一般の人よりも香典を少し多めに包むというのは、孫の立場でも同様です。祖父母が亡くなった際の香典は、年齢によって若干変わってきますが、20代であれば1万円、30代は1万円~3万円ほどが相場といえます。

会社名で香典を出す場合は?

取引先の重役など、会社ぐるみの付き合いがあった場合は、会社名で香典を出すのが一般的です。金額は相手との関係の深さによって決まりますが、まずは上司に相談するようにしましょう。

少なくとも1万円以上が通常で、社長や会長が亡くなった場合は10万円以上になることもあります。

まとめ

香典は送る側の年齢や故人との関係の深さで金額に違いが出てきます。しかし、大事なのは包む額ではなく、『故人を偲ぶ気持ち』や『遺族への配慮』であるといえるでしょう。香典を渡すということは、故人とその家族に感謝を表す機会でもあるのです。

香典の包み方や書き方は社会人としての基本のマナーなので、失礼のないようにしっかりポイントを押さえておきましょう。