葬儀は友引を避けるべき?日取りを決めるポイントとは

人がいつ亡くなるのかは誰にもわかりません。そのため、やむを得ず友引に葬儀を執り行わなければならないこともあります。今回は葬儀に友引を避けた方が良い理由から代替日の案、友引の日に葬儀を執り行う際の注意点などを紹介します。

友引ってどんな日?

最近では友引などの六曜が記載されていないカレンダーも多いため、そもそもどういった日なのか知らない人もいます。故人が幸せに逝けるように、まずは六曜の由来や種類について知っておきましょう。

カレンダーに記されている六曜の暦

六曜とは先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つで1週間を数える方法のことを言います。日、月、火、水、木、金、土の7つではなく、6つで曜日を分けるため、六曜と言われています。

また、六曜には毎月1日を先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順番でローテーションするという決まりがあります。1月1日が先勝なら2月1日は友引、3月1日は先負といった具合です。

六曜の由来

仏滅の日があるため仏教との関係があると考えがちですが、実は六曜は仏教とは全く関係がありません。日本に強く根付く仏教では日によって善悪が変わるということはなく、自分の行いによって善悪が決まると信じられています。

では六曜の由来は何かというと、三国志で有名な諸葛孔明が決めたという説や、唐の時代に定められたといった説があります。しかしどれも定かではなく、依然として六曜の由来は謎に包まれたままです。

ただ、漢字で書かれていることからも中国に由来があるというのは確かなようです。日本以外の海外に六曜の文化はありません。さらに由来と考えられる中国でも、すでに廃れてしまっているようです。

実際、六曜によって運命が左右されるとは考えにくく、例えば武田信玄や徳川家康が先手を打って戦に勝った日も、先手が負けるとされる先負の日でした。

六曜の種類

六曜はそれぞれ意味を持っています。先勝は『先んずれば即ち勝つ』という意味を持ちます。先手必勝の日で、午前中が良いとされ、午後2時からはあまり良くないとされています。

反対に先負は『先んずれば即ち負ける』日で、午前中は悪いですが、午後は良いとされています。先勝と先負は戦の勝敗を占うため戦国武将に特に重視されていました。

友引は『共に引き分ける』という意味から勝敗がつかない日と言われています。午前中は良いですが午後からは悪く、夕方からは良いことが起こるとされています。

仏滅は六曜の中でも最も縁起が悪い日、大安は反対に何事も良い方向へと進む日とされています。

赤口は陰陽道が由来となっている日です。午前11時~13時だけは良いが、それ以外はあまり良くないとされています。法事などには向いている日でもあります。

友引を避ける理由

友引を避けた方が良いとされているのは『友引』という言葉の縁起の悪さと、葬儀会社側の都合との2つが大きな理由です。

不幸が友を引く、という意味に

友引は『共に引き分ける』という意味から勝負の勝敗がつかない日と言われる一方で、それとは別に『友を引き寄せる』という意味を持つ日とも言われています。

つまり、友引の日に葬儀を執り行うと、友人が故人に引き寄せられて一緒に亡くなってしまうと考えられるため、この日を避けるようになりました。

ただ、結婚や出産などの場合は友人にも幸福が来るという意味にもとらえられるため、引き出物を送る日に適しています。また、宗派によっては葬儀にたくさんの友人を引き寄せることが出来る日ともとらえられています。

一概に全ての人にとって友引の日の葬儀は避けた方が良いとは言えません。まずは自分の宗派でどのように考えられているか調べてみると良いでしょう。

火葬場がお休みの場所がある

基本的に葬儀は友引を避けて行われるため、斎場や火葬場自体が休業している場合があります。葬儀社は年中無休ということも少なくありませんが、肝心の斎場や火葬場が取れなければ葬儀を行うことができません。

縁起が悪いということと、スムーズに葬儀を済ませることが出来ないという2つの意味で、友引に葬儀を執り行うのは避けた方が無難です。

ただ、中には友引の日にも営業している葬儀社や火葬場があります。どうしても都合がつかない場合は、友引に葬儀を執り行うことが出来る場所がないか探すのも良いでしょう。しかし元旦や三が日に限ってはほとんどの斎場や火葬場が休業しているので、注意が必要です。

友引以外での葬儀

友引以外にも仏滅や大安といった葬儀を執り行うのを躊躇してしまうような名前の日もあります。葬儀の後に行う通夜の日程についても考えておきましょう。

大安の場合

大安は仏滅とは真反対に六曜の中で最も良い日とされています。『大安吉日』という言葉があるように、何をしても成功する日です。特に結婚式などはこの日にするのが良いとされています。しかし、大安の日に葬儀を行うのは避けた方が良いでしょう。

というのも、大安は結婚式などの縁起が良いことを行うのに適している日とされているからです。葬儀などの忌み事を吉日である大安に行うことを好ましくなく思う方もいらっしゃいます。

ただ、この六曜のとらえ方は宗派などによっても異なっているため、大安に葬儀を行っても問題ない場合もあります。大安に葬儀を行うのが心配な人は、一度親族に相談してみましょう。

仏滅の場合

仏滅は仏も滅してしまうような最悪な日です。六曜の中でも最も縁起が悪い日とされ、特に結婚などは出来るだけ避けた方が良いとされています。そのため新しく何かを始めたり、挑戦したりする日には向いていません。

しかし、こと葬儀においては最良の日です。葬儀はお祝いをするためではなく故人を悼むために開かれます。何かを新しく始める日でもないので、縁起が悪いということはありません。

お通夜は友引でもいい?

葬儀を友引の日に行うのは避けた方が無難ですが、通夜を行うのは問題ありません。通夜は告別式の前日なので、友人を冥界へ連れて行ってしまうという意味にはなりません。

ただ、葬儀と通夜は連日となるため注意が必要です。通夜の日取りを先に決めたところ、葬儀の日が友引となってしまったということにならないよう注意しましょう。

こちらも読まれています一般的な葬儀の時間帯とは?通夜に関わる時間帯も紹介

人が亡くなると、通夜、葬儀と決まったスケジュールで儀式が続きます。通夜は夜、葬儀は午前中など時間帯が異なることがほとんどですから、基本の流れ...

友引に葬儀が当たってしまったら?

出来るだけ友引の日は避けた方が良いとはいえ、どうしても友引の日に葬儀を執り行わなければいけないこともあります。そうした時は、告別式を延期したり友人形を棺に入れたりして対処しましょう。

告別式の日取りを延期してもらう

葬儀を執り行う日は具体的に何日以内とは決まっていないので、告別式の日を先延ばしにする分には問題ありません。

ただ、先延ばしにすればするほどご遺体を安置するための場所や費用がかかります。また、出来るだけ綺麗な状態で送るためにも、早めに葬儀を執り行った方が良いでしょう。

友人形を棺に納める

故人が友人を冥界へと引き寄せてしまわないように、友人の身代となる人形を棺の中に収めるという方法があります。

この人形の姿かたちに決まりはないため、こけしや仏像、ぬいぐるみなど様々なものがあるようです。斎場によっては人形を用意してくれるところもあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

まとめ

友引とは六曜の一つで、友を引き寄せる日とされています。引き出物などを送る日としては最適ですが、葬儀をする場合友を冥界へ引き寄せるという意味にも取れるため、友引の日の葬儀は避けた方が無難です。

また、大安も葬儀には適していないので、友引と同様避けて葬儀の日取りを決めましょう。通夜はいつ行っても構いませんが、友引や大安の前日は避けるよう注意が必要です。

もし友引の日に葬儀を行わなくてはならなくなった場合、期日を延長したり人形を棺の中に入れたりして対処すれば問題ありません。