戒名の例はどんなものがある?宗派や男女による違いも解説

戒名は、死後仏のいる極楽浄土へいくために欠かせない大切な名前です。読経のときや、位牌や墓石に刻むときに使うので、できるだけ故人にふさわしい戒名を授かりたいものですね。ここでは、戒名の例を示しながら宗派や性別による違いなどを解説します。

戒名について知ろう

戒名は本来、出家して仏弟子となったしるしとして師匠である僧侶から授けられる名前のことです。

現在では、お葬式のときに菩提寺の住職から戒名を授かり、浄土へ導いていただくのが習わしとなっています。菩提寺がなくても、仏式の葬儀を行う場合、読経にきてくれる僧侶につけてもらうことができます。

では戒名はどのように決めるのか、基本知識と具体例をみていきましょう。

戒名とは?

宗派によって多少異なりますが、戒名は大体下記のような構成になっています。

○○院□□△△信士

○○院の部分は院号とよばれ、通常は社会的な地位や貢献度が高かった人に贈られるもので、つかない場合も多いです。□□は道号という、字(あざな)のような位置づけです。

△△の2文字が本来の戒名(仏弟子となったしるしの名前)なのですが、一般的には上記の構成のもの全体で戒名と呼びます。また、『信士(しんし)』の部分は位号と言い、年齢や性別により変化し、つかない場合もあります。

生前の名前(俗名)から1文字を使ったり、道号に生前の職業や性格を象徴する文字を使ったりすることが多く、戒名をみれば故人の人となりを偲ぶことができます。

例えば有名人の戒名はこんなものがある

はじめての葬儀では、戒名についてぴんとこないかもしれませんね。

そこで、有名人の戒名をいくつかご紹介するのでイメージをつかんでみましょう。

  • 茲唱院美空日和清大姉(美空ひばりさん)・・・昭和の歌姫にぴったりの戒名です。
  • 陽光院天真寛裕大居士(石原裕次郎さん)・・・裕次郎さんのキャラクターをよくあらわしています。
  • 釋寿重誓(泉重千代さん)・・・院号がなく短いですが、ご長寿で有名な重千代さんのイメージがよく伝わってきます。
  • 立川雲黒斎家元勝手居士(立川談志さん)・・・なんと生前に自分でつけた戒名です。

このように、戒名にはいろいろなパターンが存在するということが、ことがおわかりいただけたと思います。

自分で戒名を作る場合の注意点

実は戒名は、立川談志さんのように自分で作ることも可能です。これなら戒名料もかかりませんし、自分や家族にとって愛着のある名前となるでしょう。ただし、自分で戒名を作るにはいくつか注意点があります。

まず、菩提寺がありそこで葬儀から埋葬まで行う予定ならば、住職に事前に相談する必要があります。本来戒名は菩提寺の住職が決めるべきものですから、自分で勝手に決めた戒名を使うことを許可してくれる保証はありません。

最悪の場合は葬儀をしてもらえなくなるので注意しましょう。

また、戒名には使ってはいけない文字や言葉があります。こうした決まりごとを理解してから作らないと、おかしな戒名ができあがってしまうので事前に確認してください。

男女による戒名の違いは?

男性だから強そうな戒名がついたり、女性だから優しそうな戒名がついたりということはありませんが、目印となるものは存在します。

戒名の最後にくる『信士』や『信女(しんにょ)』という位号です。位号は戒名の位を示すものですが、これをみれば性別がわかるようになっています。

また、位号がない戒名でも『尼』の文字が入っていれば女性だとわかりますし、宗派によっては男性によく使う文字と女性によく使う文字が決まっている場合もあります。

男性の場合の戒名の例

有名人の戒名例でみると、石原裕次郎さんには『大居士(だいこじ)』という最上位の位号がついています。

男性の位号は位の高い順に『大居士』『居士』『信士』となっており、歴史上の有名人となると『居士』以上であることが多いです。

ちなみにミュージシャンの尾崎豊さんの戒名は『頌弦院智心碩豊居士』。『弦』の字が象徴的ですね。

女性の場合の戒名の例

女性では、男性の位号に対してそれぞれ『清大姉(せいたいし)』『大姉』『信女』となります。

美空ひばりさんには『清大姉』がついていますね。美白の女王、鈴木その子さんは『白蓮院妙容日苑大姉』と、いかにも美しい戒名です。

また、『侑楽院釋尼佳朋』はアイドルの岡田有希子さんです。位号はありませんが、『尼』が入っており、女性だとわかります。

宗派による戒名の例

狭い意味での戒名(2文字の部分)は、宗派や身分に関係なく2文字と決まっていますが、院号、道号、位号の部分は宗派によって変わることがあります。

宗派による戒名の違いを、例をあげてみていきましょう。

日蓮宗、天台宗の戒名の例

日蓮宗には授戒という考え方がないため、戒名とは言わずに『法号』といいます。

本来の戒名(2文字の部分)の1文字目に『日』を使うことが多く、これを日号といいます。日と名前の一部を合わせるのが一般的で、たとえば順子さんなら『日順』となります。

道号部分の1文字目に男性は『法』、女性は『妙』が入ることが多いのも特徴です。

有名人では『春芳院妙純日好大姉』(田中好子さん)や『顕峰院法正日剛大居士』(ジャイアント馬場さん)があります。

天台宗では、基本構成は他宗派と同じですが、法華経を中心に拠り所とする経典より文字を探しだして戒名につけます。

浄土宗、真言宗の戒名の例

浄土宗では道号部分を『誉号』といって、位の高い方には2文字目に『誉』の字を用いることがあり、その場合位号が『禅定門』(女性は『禅定尼』)となる場合もあります。

有名な例としては、政治家吉田茂の戒名『叡光院殿徹誉明徳素匯大居士』があります。

一般的な信者では、誉号はつかず位号も『信士』または『信女』となります。

真言宗では、戒名の1番上に梵字(ぼんじ)という記号のような文字がつきます。また、使われる文字に特徴があり、龍・光・蓮・蔵・寳・泉・雲・明・照・真などがよく使われます。

曹洞宗の戒名の例

曹洞宗でも他の宗派とあまり違いはありませんが、般若心経などの経典や漢詩から文字をとりいれることが多いです。

先にご紹介した、石原裕次郎さんの戒名は曹洞宗です。

まとめ

意味を知らなければ漢字の羅列にしかみえない戒名ですが、実際の例をみると宗派や故人の生前の様子などにより、さまざまなバリエーションがあることがわかります。

自分でつける場合はもちろんですが、葬儀やお墓参りのときに故人との良い思い出がよみがえるような、素敵な戒名を授かるためにも事例や宗派による決まりごとなどをよく学んでおくことをおすすめします。