遺影のサイズに決まりはあるの?遺影に使える写真の選び方も解説

残された家族にとって、遺影は故人を偲ぶために大切なものです。最近は、万が一の時でも慌てないように、生前から良い写真をピックアップしておく人も増えています。遺影に適した写真の条件やサイズ、加工方法について詳しく説明します。

遺影のサイズは決まっている?

『祭壇に飾るなら遺影は大きい方がよい』と考える人もいますが、一般的な遺影のサイズはどのくらいが適当なのでしょうか。

祭壇用・焼香用・仏壇用とシチュエーションごとに分けて見ていきましょう。

遺影の一般的なサイズは四つ切かA4サイズ

葬儀の際、祭壇の正面に飾る遺影のサイズは四つ切かA4サイズが一般的です。四つ切サイズは、『254mm × 305mm』で、A4サイズは『210mm x 297mm』です。

葬儀で祭壇に使用した後は、仏間の欄間などに飾ります。写真が小さすぎると顔が見えず、大きすぎると場所をとってしまいます。これらを考慮すると、四つ切かA4サイズが最も適しているといえるでしょう。

一方で、仏壇の前や焼香台に飾る写真は、ハガキサイズ程度の小さなものが好ましいです。

遺影のサイズ変更はできる?

写真のデータやネガを持っていれば好みのサイズに印刷できますが、現像した写真しかないという場合は、写真屋などでサイズを変更してもらえます。

祭壇用に飾った遺影写真を写真屋に持ち込んで、納骨堂用や仏壇用に小さく縮小してもらう人が多いようです。その際、『写真立て』なども持参するとスムーズです。

背景の色を変更したり、不足した部分を付け足したり、喪服に着せ替えたりと、様々な加工も可能なので、まずは気軽に相談してみましょう。

一方で、小さな証明写真や画素数の低いケータイで撮った写真を大きく引き伸ばすと、どうしても粒子が粗くなり、ぼやけてしまう可能性があるので注意してください。

遺影の写真を選ぶ時の注意点

遺影の写真を選ぶ時、必ずおさえておきたいポイントがあります。残された人が故人を偲ぶために良い写真を選びましょう。

顔が大きく、ピントが合っている写真を選ぶ

遺影を選ぶ際に大切なポイントは、顔が大きく、表情がはっきりしていることです。

写真をあまり撮る機会がない人は、集合写真などからピックアップしがちです。そうすると、顔小さすぎて本人かどうか識別ができないばかりか、画質が粗くなり、綺麗に加工できない可能性があります。全身が写っているものより、上半身までの写真が理想です。

また、ピントが合わず、顔立ちがぼやけているものもNGです。長い時を経ても、家族が遺影を見て、その人を鮮明に思い出せるような写真を選んで下さい。

正面を向いている写真を選ぶ

横向きや、極端に斜めを向いている写真ではなく、正面を向いている写真が理想です。ひと昔前までは、真正面を向き、かしこまったような遺影が主流でした。

しかし最近は、表情が分かるだけでなく、その人の人柄や雰囲気が感じられる自然体の写真が好まれる傾向がありまので、必ずしも真正面でなくても構いません。

ただ、親族以外の人が見ることも考慮すると、できれば横顔や下向きの写真は避けたいものです。

なるべく亡くなった時期に近い写真を選ぶ

遺影写真は、亡くなった時期に近い写真を選びましょう。ただし、長年病気がちで床に伏していたり、良い写真が用意できなかったりした場合はその限りではありません。時期に関わらず、本人らしさが最もあらわれている写真がベストです。

記憶は時間と共に薄れてゆくものです。選ぶ写真の表情によって、『故人の印象』が左右されることを覚えておきましょう。

遺影用の写真加工はどこでする?

遺影用の写真は、自分で加工するよりもプロにお願いするのがベストです。低価格で高品質のサービスをしてくれる業者を探しましょう。

一般的には葬儀社に頼む

遺影の写真加工は葬儀社に依頼するのが最も一般的でしょう。遺影に使う額縁や額装なども用意する必要があるので、初めての葬儀では、葬儀社に全てお任せすると楽です。

葬儀のプロに任せておけば、どのようなシチュエーションにどのサイズの写真を使うかなど、あれこれ迷う必要もありません。

ただ、葬儀社は写真専門業者ではありませんので、結局は他の業者に加工を委託するという形になるかもしれません。

元気なうちから遺影を準備しておきたいという方は、街の写真屋さんにお願いしてもいいでしょう。既にある写真の加工だけでなく、新しく遺影のための写真を撮影してもらうこともできます。

遺影に合わせた額縁も同時に選ぶ

遺影は、額縁に入れて飾る必要があります。遺影を加工する前に額縁も選んでおくとスムーズです。額縁を専門に扱うお店や葬儀社、写真専門店などで購入できます。

額縁は飾りのない黒が一般的ですが、シンプルな木目調や艶やかで高級感のあるフレームなど、最近は様々なタイプがあります。プロのアドバイスを聞きながら、飾る場所や好みに合ったものを選んでください。

まとめ

これまでは、遺影というと形式ばった堅苦しい印象がありましたが、最近は故人を偲ぶことに重点が置かれ自由度も高くなってきました。終活という言葉がよく聞かれるようになった今、自分の遺影を自分で用意しておくというのも珍しくありません。

いざという時に慌てなくて済むように、遺影についても事前にしっかりと確認して準備をしておくとよいでしょう。