家族葬にも挨拶は必要。絶対に知っておきたい基本的なこと

近年、故人が生前に親密だった人や家族だけで行う家族葬が多くなっています。家族葬を行う際に疑問に思うのが、『家族葬で喪主のあいさつは必要なのか?』という点かもしれません。ここでは、家族葬を行う際に知っておきたい基本的なことを解説します。

家族葬とはどんなもの

では、家族葬とはどのようなものなのでしょうか?

『家族葬』とは言葉のとおり、家族もしくは故人が生前親密だった友人で行うという親しい人のみで行う葬儀のことです。

増えてきている家族葬

近年では大勢の人を呼んで行う一般葬よりも家族葬が増えています。

高齢化により、故人を見送る際に故人と生前付き合いのあった大勢の人に連絡を取ることが難しくなったことと、参列する側も高齢であるという場合が多くなったので、連絡を取っても参列が難しい方が増えています。

また、個人の生前の家族だけで見送ってほしいという『故人の希望から家族葬に決める』というケースも今では数多くあります。

葬儀にかかる費用も家族葬が増加したことの理由の一つで、大勢の人を呼んで行う一般葬に比べ、家族葬は葬儀費用が比較的安く済みます。そのため、葬儀のために用意しておいた費用がない場合にも、家族葬が選ばれることがあります。

家族が参列者を決めることができる

家族葬が人気な理由の一つに、家族が参列者を厳選できるという点が挙げられます。

大勢が参列する一般葬とは違い、家族葬の場合は家族が参列者を決めて行うため、自由に葬儀の内容を決定できます。

また、参列者は見知った人のみとなる場合が多く、参列者の対応に追われることなく『ゆっくりお別れできる』のも家族葬ならではのメリットといえるでしょう。

家族葬における喪主の役割と挨拶

家族葬における喪主の役割は、葬儀を取り仕切り、滞りなく葬儀を進めていくことです。喪主が家族葬を取り仕切るうえで重要なポイントと、喪主の挨拶について解説します。

葬儀の案内と訃報をしっかり伝える

家族葬で1番喪主が悩むのは、参列者を決めることかもしれません。家族葬を行う際に親族はどこまでというような明確な決まりはありません

もし、家族葬に呼ぶかどうか迷う親族がいる場合には、故人が最後に会いたいと思うかどうかを参考に決めてもいいでしょう。

家族葬では、参列者以外への訃報は葬儀を行った後に行うのが一般的です。とはいえ、中には参列はお断りするものの、訃報は知らせておきたいという方がいる場合もあるでしょう。その場合には、以下の点をしっかり伝えましょう。

  • 葬儀は親族のみで行うこと
  • 弔問・香典・供花・供物などは一切お断りをすること

また、『誠に勝手ながら』などという文言を付けることで意思を明確に伝えられるでしょう。

親しい親族の前でも挨拶はした方がよい

いくら家族葬で身内のみだという場合でも、挨拶はしたほうがいいでしょう。

『この度はお集まりいただき~』などという一般葬のような挨拶が必要という訳ではありませんが、集まった参列者に応じて自分なりの言葉で挨拶を行うといいでしょう。葬儀の規模に合わせて挨拶を考え、使い分けることが大切です。

葬儀の後は必ず挨拶状をおくる

葬儀が終わった後、葬儀に呼ばなかった人に挨拶状を送って、故人が亡くなったお知らせと葬儀を済ませたことを知らせしましょう。

挨拶状ははがきに印刷して郵送する

挨拶状は、わざわざ手書きにする必要はありません。はがきに印刷するなどして、郵送しましょう。内容は、家族葬という形で行ったことのお詫びや、なぜ家族葬にしたのかという理由を説明するものにしましょう。

家族葬をおこなった理由を記載する

故人の意志で家族葬を行った場合、そのことをしっかりと伝えるといいでしょう。病気などによって亡くなられた個人の場合、療養中であったことも合わせて記載します。

また、『誠に勝手ながら』など、葬儀を家族で行ったことについてお詫びする1文を入れるのも大切です。また、個人が書き残していた文面などがあれば、書き加えておくと喜ばれます。

挨拶文の例文

かねてより療養中でありました父○○は○月○日○時○分に〇〇歳にて急逝いたしました

父の生前に賜りましたご厚誼に厚く御礼申し上げるとともにここに謹んでご通知いたします

故人の遺志により葬儀は誠に勝手ながら「家族葬」で相済ませましたことをご報告申し上げます

尚お供えや御香典等につきましてはお心のみ頂戴させていただきご辞退させていただきたくお願い申し上げます

茲に故人が生前に賜りましたご厚誼に深く感謝し衷心より御礼申し上げます

平成〇〇年〇〇月〇〇日

東京都〇〇区〇〇-〇〇

山田 太郎

以上が例文です。例文は横書きで記載しましたが、実際は縦書きが望ましいです。また、句読点は用いませんので注意してください。

まとめ

家族葬は近親者のみ、または故人の生前親しかった友人と家族で行いますが、喪主からの挨拶は行った方がいいでしょう。

また、近隣の方や会社の方、遠方の友人など、参列していただかなかった方には、葬儀の前にはがきや電話での連絡を行ったうえで、葬儀の後、はがきで挨拶状を郵送するのがベストです。その際は家族葬にした理由やお詫びを記載しましょう。