葬儀やお通夜に参列する時の服装は?非常識と思われないための基礎知識

初めて葬儀に参列する人は、どんな服を着ていけばよいのか、また何をもっていけばよいのかわからないという人も多くいます。この記事では、葬儀に参列する時の服装について男性・女性・子供と性別や年齢に分けて紹介します。

親族側も参列する側も、葬儀の基本は喪服

故人の冥福を祈る場である葬儀では、親族側はもちろん参列する側も基本は喪服を着用しましょう。

喪服とは、冠婚葬祭などのあらたまったシーンで着用する礼服の1つで、弔事の際に着用される黒い服のことです。喪服には正式と略式の2タイプがあります。

遺族は正式な喪服、参列する側は略式のものを着用します。略式の物は主にブラックフォーマルと呼ばれる礼服です。

ブラックフォーマルは、細かく見ると喪服とは少し違った点もありますが、喪服として着用できるものも多くあります。ブラックフォーマルを喪服として着用する際には、デザインや素材に注意しましょう。

ビジネススーツはダメ

葬儀の基本はあくまでも喪服なので、ビジネススーツはNGです。

黒いビジネススーツならば葬儀に参列しても大丈夫と思われる人も多いかと思いますが、ビジネススーツは、ビジネスシーンで着用するものなのなので、葬儀にはふさわしくありません。

故人とのお別れの場である葬儀では、正装である喪服を着用しましょう。

ただし、通夜ならダークスーツでもOK

葬儀・告別式はビジネススーツはNGですが、通夜ならばビジネススーツでもOKです。通夜に参列することには、『取り急ぎかけつけた』という意味合いがあるため喪服である必要はありません。

ただし、ビジネススーツの中でも黒・紺・グレーなどの地味なデザインのダークスーツに限ります。

また、ビジネススーツの中には、ストライプのデザインが入っているものもおおくありますが、あまり目立たないストライプであれば問題ありません。ネクタイも黒など地味なものをしていきましょう。

男性が気をつけたい喪服マナー

ビジネススーツにマナーがあるのと同じように、喪服にもマナーがあります。ここでは、男性が気をつけたい喪服マナー3点を解説します。

シャツは白無地を選んで

男性は、喪服を着用する際にはシャツに注意しましょう。シャツとは、男性がスーツを着用する際に着るワイシャツのことです。

白・黒・グレー・水色・ピンクなどの様々な色のシャツがありますが、葬儀では白色で、ストライプやラインなどの柄のない無地のものを選びましょう。

そのほかにも、ボタンダウンシャツや、ボタンに色が付いている・大きいものはNGです。ダブルカフスのシャツは着用しても問題ありませんが、カフスは黒色の地味なものにします。

夏場の暑い季節に半袖を着る場合には、必ずジャケットを着用して葬儀に出席してください。

ネクタイはもちろん黒

葬儀に出席する際には、黒のネクタイも必須アイテムの1つです。光沢感のない無地の黒ネクタイを着用します。

ネクタイの結び方については、通常の結び方で構いません。結婚式などでは、ディンプル(※)は華やかさを演出できるので問題ありませんが、葬儀は地味にする必要があります。

※ディンプルとは、ネクタイを結んだ際に結び目部分に作るくぼみ(えくぼ)のことです。

ベストを着用する人は少ない

礼服を含め、男性用のスーツには3ピースと呼ばれるものがあります。3ピースとは、ズボンとジャケットにベストを加えたスーツのことを呼びます。

ベストを着用するのは、男性の正装とされていますが一方で、装飾品としても捉えられる可能性があります。そのため葬儀ではベストを着用する人は少ないので、あえてベストを着用するのは避けましょう。

女性が気をつけたい喪服マナー

女性の喪服には、正喪服・準喪服・略喪服の3つのタイプがあります。正喪服は、最も格式の高い喪服で、喪主や葬儀を主催する遺族側の人が着るものです。

準喪服は、葬儀に参列する一般の弔問客が着るものです。略喪服とは、3回忌以降の法事や通夜などに着る喪服で、ダークカラーのスーツのものを呼びます。

喪服は、深い黒色であればあるほど格式が高いとされているため、できる限り、深めの黒色のものを着用します。

ここでは、一般的に葬儀に参列する際に着用する準喪服のマナーについて解説します。

肌の露出は避ける

喪服とは、喪に服すという意味があります。そのため、喪服は肌の露出を避けるのがマナーです。

また、喪服の袖丈は長袖が原則とされていますが、夏場は5分袖を着用しても問題ありません。ただし、ひじが見えてしまうものや襟元が大きく開いた服は避けましょう。

スカートはひざ下丈を

喪服では肌を露出しないということから、スカート丈にも注意をする必要があります。葬儀での席では、ひざが見えるのはマナー違反とされています。そのため、スカートはひざ下丈のものを選びます。

若い年代の人は、ロング丈まで長いスカートを選ぶ必要はありませんが、ひざが見えない長めの丈にします。ひざ下丈の目安としては、正座や椅子に座った際にひざが隠れる程度の長さです。

冬ならベロアやベルベット素材でも可

冬など寒い時期には、ベロアやベルベット素材の喪服の着用も可能です。本来は、正喪服に準じた喪服が準喪服なので黒無地で光沢感のないものがよいですが、ベロアやベルベット素材の暖かい素材の物も着用できます。

また、ベロアやベルベット素材以外にもウール素材の物でもOKです。

ストッキングOK、タイツはNG

葬儀に参列する際には黒ストッキング、通夜などの急な弔事では黒・肌色のストッキングを着用します。

黒ならば問題ないと、黒のタイツを着用するのはNGです。ストッキングは正装アイテムの1つですが、タイツはカジュアルなアイテムです。そのため、タイツを着用すると、カジュアルな印象を与えてしまいます。

靴、バッグ、アクセサリーの選び方

女性の喪服アイテムである靴・バッグ・アクセサリーについても、マナーがあります。ここでは、喪服に合わせる靴・バッグ・アクセサリーの選び方について詳しく紹介します。

葬儀にふさわしい靴とは

葬儀にふさわしい靴とは、黒色のものを選びましょう。黒であればなんでも良いというわけではありません。葬儀では、殺生をイメージさせる革素材のものはNGです。

コットン素材で光沢のないものにします。また、ヒールは低いものにしましょう。デザインは、できるだけシンプルなものがふさわしいです。凝ったデザイン・細いヒール・金具が目立つものは避けましょう。

バッグは大きさと素材に気をつけて

バッグは大きさと素材に気をつけます。バッグも靴と同じく、殺生をイメージさせる革素材のものはやめましょう。

喪服で持つバッグは、光沢感のない布製が基本です。また、金具が付いていないものを選びます。

大きさは、小さめのものが多く販売されています。しかし、葬儀では数珠・ふくさなど持ち物が多く入りきらない可能性があります。荷物が入らない場合には、黒の布製のサブバッグを併用するのがおすすめです。

バッグにすべて入れたい場合には、小さめでもマチが広く、口が大きく開くものを選ぶとよいでしょう。

派手なアクセサリーは控える

アクセサリー選びも重要です。おしゃれをして出かける場ではないので、結婚指輪以外のものはつけない方が良いとされています。派手なアクセサリーは控えてください。

ただし、パールのアクセサリーは例外です。パールには『涙』の意味があり、葬儀では黒または白のパールのネックレス・イヤリングを身に付けます。

パールのネックレスは、短い1連タイプのみOKです。長いパールのネックレスや2連・3連のネックレスは不幸が度重なることを連想させるため、葬儀では身に付けないように気をつけましょう。

葬儀・通夜で必要な持ち物リスト

葬儀に参列する際には、喪服だけでなく必要な持ち物がいくつかあります。事前に必要な持ち物リストを作っておくと、忘れずに済みます。万が一手元にない場合には、今後の為にも用意しておくとよいでしょう。

ここでは、葬儀に持っていく最低限必要な持ち物5つを紹介します。

香典

通夜・葬儀へ弔問に訪れる際には、香典を持っていきます。香典とは、故人へのお供え物のことです。また遺族が負担する葬儀の費用を負担するという意味があります。

香典は、相場の金額に合わせた額を包むこともマナーなので、事前にしっかりと調べて用意しましょう。また、新札ではなく、旧札を使います。ただし、あまりに汚れたお札はNGです。

ふくさ

ふくさも、葬儀には必要なアイテムです。ふくさとは、香典を入れる布、または布製の袋のことです。

冠婚葬祭では、参列する際に持っていく祝儀・不祝儀をふくさに入れて持ち歩きます。葬儀に持っていくふくさは、紺・深緑などの寒色系のものを選びましょう。

また、紫色のふくさは冠婚葬祭のすべてのシーンで使用できます。

ハンカチ

普段から持ち歩いているハンカチですが、葬儀では白無地のものが基本です。白いハンカチを持っていない場合には、黒・薄い水色など地味なデザイン・色合いのものでも大丈夫です。

葬儀では、ハンカチを使用する機会が多いため、ハンカチは人目に付きやすいアイテムです。白無地のハンカチは冠婚葬祭すべてで使用できるので、1枚は用意しておきましょう。

数珠

仏式の場合には、数珠を用意しましょう。数珠とは、もともと僧侶がお経を唱える際に使っていたもので、人間の煩悩と同じ108個と決まっていました。

色々な種類の数珠がありますが、現在主に使われている数珠は略式のもので、2連または1連のものとなっています。

仏式の葬儀に参列する場合には、故人の宗派ではなく自分の宗派の数珠を用意しましょう。数珠は、貸し借りがNGとされているため、万が一忘れてしまった場合には数珠をしないで参列します。

また、数珠は焼香や僧侶が読経をする際に必要な物なので、キリスト教の場合には必要ありません。

天気が悪い場合には、傘が必要です。葬儀では、あくまでも黒が原則なので傘も地味な色・デザインのものにしましょう。

黒・グレー・紺などの派手でないものがよいですが、手元にない場合には透明のビニール傘でも大丈夫です。

また、ダークカラーであってもフリルなどの装飾が施されたものはやめましょう。

冬のコート選びのポイント

冬の寒い時期には、コートを羽織る機会もあります。ブラックフォーマルの1つである礼装用コートの着用をおすすめします。

礼装用コートとは、襟はステンカラーなどのシングルタイプのものが一般的に展開されています。素材はポリエステルで、ひざが隠れる長めの丈のシンプルなコートのことです。冬用には、ライナーが付いているものを選びましょう。

礼装用コートを持っていない場合には、普段着ているコートでも構いません。その際には、ダークカラーのウール・カシミアなどの素材のコートがおすすめです。あくまでも葬儀に参列するということを意識して選んでください。

カジュアルなものは避ける

礼装用コートがない場合には、普段のコートを着用できますが、カジュアルなものは避けます。下記のようなカジュアルなものは避けた方が無難です。

  • 色が派手なもの(赤・白・ピンクなどの明るい色)
  • デザインが派手なもの(フード・フリル・柄が付いているもの)
  • ボタンが金具のもの

葬儀では、黒をはじめとするダークカラーを着用している人が多く、明るい色やデザインが派手なものを着用していると悪目立ちしてしまいます。そういったコートしか持っていない場合には、会場に入る前にコートを脱ぎましょう。

また、ボタンが派手なものは、葬儀用のボタンカバーも販売されているので活用してみるのも1つの方法です。

毛皮、ファー、革素材はふさわしくない

コートも喪服の1つです。そのため、毛皮・ファー・革素材のものは殺生をイメージさせる意味から、冠婚葬祭ではふさわしくありません。取り外しができるものであれば、あらかじめ取り外しをして着用しましょう。

また、フェイクファーは本物の毛ではないから大丈夫と思いがちですが、フェイクファーもリアルファー同様にNGなので気をつけましょう。

子供の服装にも配慮が必要

大人の場合の葬儀での服装について紹介してきましたが、子供の服装にも配慮が必要です。子供は、成長が早いため、喪服は基本的には着用しませんが、葬儀に参列する場合にはいくつかの点に注意して選びましょう。

ソックスは白・黒・紺、靴は黒の革靴が原則です。小さな子供で革靴がない場合には清潔なスニーカーを履かせます。

他にも、葬儀に参列する際の子供の服装は年齢などによっても変わってきます。ここでは、葬儀に参列する子供の服装の選び方・注意点を紹介します。

乳幼児は派手な色や柄を避ける

乳幼児には、派手な色や柄を避けて清潔感のあるシンプルな洋服を選びます。赤や白などの祝事をイメージさせるものや、黄・青などの原色系の派手な色は避けましょう。

また、帽子や髪留めなどのアクセサリー類に関しては、大人同様に着用してはいけません。

赤ちゃんの洋服は、フリルや花柄などのデザインが多いですが、フリルや花柄も華やかなデザインとなります。白っぽいシンプルなおくるみに包んであげましょう。

乳幼児の服装については、大人に比べてある程度許容範囲が広くなっています。しかし、葬儀は正装が基本です。肌着やおむつのままというようなことがないように注意してください。

制服があれば着用する

子供が通っている幼稚園や学校などに制服がある場合には、制服を着用して参列しましょう。制服がある場合には、制服が正装となります。そのため、葬儀で着用することが可能です。

制服では、帽子・リボン・ネクタイなどの小物が付属している場合があります。制服の帽子は着用せず、リボン・ネクタイは派手な色でなければ付けたままで問題ありません。

また、制服を着用する際には必ずインナーを着させましょう。インナーの色は、白またはベージュなど目立たないものを選びます。

私服の場合は黒、紺、グレー色を選ぶ

学校の制服がない場合には、私服で参列します。私服の場合は、黒・紺・グレーが原則です。

女の子が私服で参列する際には、下記の点に注意します。

  • ダークカラーのもの
  • デザインがシンプルな物
  • ワンピースまたはジャケットを着用

ダークカラーの無地のワンピースなどがおすすめです。また、服の素材は光沢のないものがよいでしょう。

男の子が私服で参列する場合には、下記の点に注意します。

  • 汚れの無い白シャツ
  • ダークカラーのズボン
  • ジャケットまたはベストを羽織る

男の子の場合には、白シャツとズボンが定番です。シャツに小さなワンポイント程度のデザインであれば問題ありません。また七五三などに着用した洋服があれば、その洋服を着用します。

まとめ

葬儀は突然のことなので、服装に困らないように喪服を1つ用意しておくと安心です。喪服がないからと言って的外れの格好をしてしまうと、悪目立ちをしてしまうだけでなく、故人・遺族への失礼にあたります。

大人のマナーをしっかりと守って、参列することが大切です。子供は比較的、大人のマナーに比べると許容範囲が広いですが、あくまでも正装で参列するということを意識して選びましょう。