葬儀に参列する時間帯に決まりはある?守るべきポイント。

葬儀に参列する際は、適切な時間帯に行くのがマナーです。早すぎても遅すぎても、遺族に迷惑をかけることになってしまいます。葬儀は突然訪れますから、慌てずに済むよう守るべきポイントをしっかり把握して、人として恥ずかしくない対応を心掛けましょう。

葬儀が執り行われる主な時間帯は?

葬儀を開式する時間に関しては、何時から開式しなくてはいけないという決まりはありません。

遺族や火葬場、葬儀社などの都合をすり合わせて決められますが、一般的な生活スケジュールを考えると、開式時間がある程度限られてきます。

例えば、開式時間が早すぎると、遠方からの参列者が多い場合には不向きですし、逆に遅すぎるとそれだけ閉式時間が遅くなり、翌日に悪影響を及ぼすことも考えられます。

これらを考慮し、葬儀の開式時間は『午前10時~午後1時前後』が一般的になっています。

開式から閉式までのどのくらいかかる?

近年の一般的な葬儀のスケジュールは、葬儀に2時間程度、火葬場で1時間程度、その後初七日法要や精進落としを執り行うという流れになっており、トータルで『5時間~6時間程度』かかります。

葬儀を午前10時に開式すると、午後3時~午後4時前後には閉式することができるので、午前中に葬儀を開式するケースが多いようです。

あくまでも平均時間は目安のひとつ

葬儀のだいたいの時間配分は決まっており、所要時間を把握しておくことは大切ですが、当日の葬式場や火葬場の状況により、時間がずれてしまうことも決して珍しくありません。

閉式が予定より遅れてしまうことも考えられるので、閉式後の予定はゆとりをもって組むなどの工夫をして参列するように心掛けましょう。

こちらも読まれています一般的な葬儀の時間帯とは?通夜に関わる時間帯も紹介

人が亡くなると、通夜、葬儀と決まったスケジュールで儀式が続きます。通夜は夜、葬儀は午前中など時間帯が異なることがほとんどですから、基本の流れ...

葬儀が午後や夕方から始まる事はあるの?

葬儀は午前中に開式されることが多いですが、午後から開式されることもあります。ただし、通夜のように夕方から夜にかけて行われることはありません。

火葬場の稼動状況によっては午後開式も

火葬場の稼働時間は午前10時~午後3時前後の場合が多く、利用する火葬場の稼働時間や状況によっては、葬儀が午後から行われることもあります。

火葬場や葬儀場、僧侶とのスケジュールがどうしても合わず、仕方なく午後からになるケースもありますし、あえて遺族が午後からの葬儀を希望されるケースもあります。

葬儀場や葬儀場が混んでいる時期は、午前中の葬儀の予約が取れず、午後になることもあります。

また、通夜を前日に行い、葬儀を翌日の午前中に開始するのは、スケジュール的にハードです。そのため、あえて午後に葬儀を行うことを希望される遺族も珍しくありません。

火葬場稼働が15時までのため夕方はない

火葬場での所要時間は、火葬炉の機能や性能、ご遺体の大きさなどにより異なります。都心では40分程度と早く終わる火葬場もありますが、全国的には1時間~2時間程度と言われています。

火葬にはある程度の時間が掛かりますし、一般的な火葬場の稼働時間は午前10時~午後3時前後のところが多いので、夕方から葬儀が行われることはありません。

参列する際気をつける時間のポイント

大切な行事である葬儀の場でマナー違反にならないように、参列する際に守るべき大切なポイントを紹介します。

葬儀開式1時間前ぐらいから受付開始

葬儀の受付は、葬儀開式の約1時間前から始まるのが一般的です。

葬儀が開式する前にまず受付に立ち寄り、芳名帳に記入したり、香典を渡したりする時間が必要ですので、余裕をもって葬儀場に向かうようにしましょう。

遅くとも開式10分前には着席していること

葬儀開式の少なくとも10分前には着席しているのが理想的です。

参列者が多く受付が混みあって、思っていた以上に時間がかかる可能性もあります。時間にはゆとりをもって行動することが大切です。

参列する際、早めに行けば行くほど良い?

葬儀に遅れないようにすることは大切なことですが、だからといって早く着きすぎるのもマナー違反です。どの程度前に到着するのがベストなのでしょうか。

準備があるため、早すぎるのもダメ

受付時間よりも前に参列者が着いてしまうと、遺族の方は葬儀の準備中で忙しくても参列者の対応をしなければなりません。

その結果、遺族に無用な気をつかわせるだけでなく、葬儀の準備が滞り多大な迷惑をかける結果になることも考えられるので、早すぎるのもマナー違反とされています。

30分前に到着するのがベスト

案内状で葬儀の開式時間は分かっても、受付開始時間が分からないことが殆どなので、どの程度前に到着すれば良いのか悩みますよね。

到着は早すぎず遅すぎずが大切なポイントで、一般的には『葬儀開式の10分~30分前』に到着するのが目安とされています。

まとめ

葬儀は予期せぬ時に突然発生するものです。いざ自分が参列する事になったら、慌てないでしっかりとした下調べを行い、当日マナー違反だと思われないように心掛けた方が良いでしょう。